翼学院グループ デイサービス つばさクラブ | 東京都葛飾区 | 東京都指定多機能型事業(1352200206) 児童発達支援・放課後等デイサービス

児童発達支援・放課後等デイサービス「つばさクラブ」ご案内 »

児童発達支援・放課後等デイサービス つばさクラブ

※ つばさクラブは東京都指定事業のため、本人の費用負担は1割、9割は公費給付となります。
翼学院とは…

東京都指定多機能型事業(事業所番号1352200206)
児童発達支援・放課後等デイサービス つばさクラブのご案内

場所

【高砂】東京都葛飾区高砂8-28-12  マップ
【東水元】 東京都葛飾区東水元5-24-1(送迎あり)  マップ

電話番号

03‐5699‐5283(代表番号)

通所できる方

東京都および神奈川県、千葉県、埼玉県等近隣に住所のある方は通所できます。
乳幼児から高校3年生までの発達に心配があるお子さん(必ずしも診断を受けている必要はありませんが、お住まいの市区町村での申請が必要です。詳しくはつばさクラブまでお尋ねください)

開所日

月~金・土・長期休暇(夏・春・冬休み)

開所時間

月~金 午後の部 2時~6時
土・長期休暇(夏・春・冬休み) 午前9時~午後4時
(途中参加可能、土・長期休暇は午前・午後を通しての利用も可能)
※開所時間前後の延長も可能です。また定員の空き状況についてはご相談ください

定員

1事業所につき 10名/1日

利用料金

児童福祉法の規定に基づき本人負担は上限1割です。
(9割は公費にて給付されます)

指導員

保育士、幼稚園教諭、教員免許保持者(特別支援、音楽、美術、体育、国語、養護教諭など)、LSA(学習支援員)有資格者、第一種衛生管理者

※お子様の保険に加入して、不慮の事故等に備えています

一日の流れ ~午後の部の例~

(個別支援計画に基づくため、 お子さんによって
 異なります)
午後2時~
登所、お昼の会
(あいさつ、指導員とお子さんとのお話会 など)
 
午後3時~
サポート付き自立学習
(思考練習、宿題、自由学習、絵画、折り紙など)
 
午後4時半~
みんなで取り組むクラブづくり
(多年齢層によるSST)
 
午後5時半~
さよなら△また来て□
(終わりの会)

個別支援計画、保護者様との定期面談など

 つばさクラブでは、お子さんの発達状況や考える力などを踏まえて、専任の管理責任者が6ヶ月に1回、個別支援計画を立案します。またご契約後、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月という間隔で定期面談を行い、ご家庭との連携、「できることを増やす」ためのプログラム作りや、個別支援計画の見直しなどを行っていきます

専門機関との連携

プログラム・発達検査

社会福祉法人のゆり会
のぞみ発達クリニック
当デイサービスでは幼児の指導に「認知・言語・運動プログラム」東敦子先生監修を採用しています。また発達検査などで同クリニックと連携しています。

学校法人

第一薬科付属高等学校
星槎グループ
翼学院は星槎高校の提携校です。また学院長の芦澤唯志は日本共生科学会第一期理事、星槎校友会関東ブロック長です

NPO法人

NPO法人エッジ
代表 藤堂栄子さん 翼学院はLSA養成講座東京会場です
NPO法人パルレ

医療機関

いずみホームケアクリニック
院長 和泉武彦先生・東京都議会議員

臨床心理士

カウンセリングルームベア
所長 田熊喜代巳先生
著書「もうだめ…私、子育てでつぶれそう!」本の泉社

就業支援など

日本商工会議所
東京商工会議所
東京都産業教育振興会

所属学会・研究会

日本共生科学会 第一期理事
日本特殊教育学会 会員
日本比較教育学会 会員
日本LD学会

デイサービス つばさクラブの理念


青木かつのり葛飾区長と
はじめまして!
 翼学院はこれまで、「学習が困難な子のための進学・補習塾」として地域の皆様に絶大なご支持を頂き、またさまざまなマスコミで「学校で進学先がないとされる子を100%合格に導く救世主」との評判を頂いてきました。

オリンピックメダリスト
小谷実可子さんと
私たちが塾に通い始めたお子さんに真っ先に指導すること、それは暗記でも問題練習でもありません。自分の頭で考えること、コミュニケーション力を高めること、この2点が学習力を高めるのに最重要なのです。そのために私たちは対話を多用した”芦澤式”というメソッドを使っています。実に数多くのお子様が”芦澤式”で学習力を高め、将来にわたって生きていく力を培っていっているのですが、残念ながら著しく生活全般に苦手感の強いお子様は学習塾の時間だけでは十分な力をつけるのには足りません。

 「翼学院で生活全般や学習の基本的な練習ができる場、子どもと保護者がホッとできる場を作ってほしい!」

このような皆さんの声に後押しされて、このたび、放課後等デイサービス” つばさクラブ”をオープンすることとなりました。つばさクラブでは “お子さんが生涯にわたって生きていくための力”(すべての学習のベースとなる思考力、自分で判断する力、社会のなかで生きる力、対人関係を築く力)を育成します!またお子さんやお母さんの安心できる居場所を提供します。つばさクラブが皆さんの笑顔であふれることを心から願っています!

2013年7月 翼学院学院長/デイサービスつばさクラブ代表
芦澤唯志

NHKクインテットでおなじみの
宮川彬良さんと

日本商工会議所三村会頭と
月刊私塾界11月号 芦澤学院長インタビュー「疾風のごとく」
翼学院学院長/デイサービスつばさクラブ代表
芦澤唯志 プロフィール
早稲田大学政経学部、日本大学大学院修了

自らのADHD体験や大手学習塾での教室長、港区の小学校・放課後塾での勤務を踏まえて翼学院を設立。オリジナルメソッドである芦澤式による学習指導では圧倒的な定評があり「学校で進学先がないとされる子を100%合格に導く学習が困難な子の救世主」とマスコミや地域で称せされる。

所属団体
●公益財団法人 産業教育振興中央会 理事
●東京都教育庁内産業教育振興会
●文部科学省「障害のある児童生徒のための教材普及推進事業」委員
●かつしか異業種交流会産学連携委員長
●全国間税会総連合会 葛飾間税会 理事
●東京商工会議所葛飾支部 情報サービス分科会副分科会長
●東都経済懇話会
●葛飾区社会福祉協議会
●亀有交通安全協会
●亀有警察署管内 不当要求防止責任者連絡協議会
●社団法人全国学習塾協会

児童発達支援管理責任者のご紹介

児童発達支援管理責任者 芦澤和美からのご挨拶

 私はこれまで翼学院の養護教諭として、学習障がいと診断されたり、学校や日常生活で苦しい思いをしたり等、さまざまな困難さを抱えたお子さんや保護者の相談を受けてきました。「学校には通えないけれども、翼学院は大好き!」と言ってくれる子とたくさん出会いました。「これまで誰にも相談できなった悩みが相談できて心が軽くなった」と言ってくださるお母様もたくさんいます。
 塾生の保護者だけではなく、親の会、講演会、さまざまな機会があるたびに「子どもと保護者の居場所となり、子どもが生きていくための力を培う場所がほしい。是非、翼学院で作ってほしい!」という多数のご要望を頂き、夫である翼学院グループ代表と真剣に“子どもたちの居場所”について話し合ってきました。その結果、デイサービスつばさクラブをオープンする運びとなりました。
 私の息子は全聾で学習面での困難さもあります。しかし聾学校を卒業して、今は大企業と呼ばれる会社で10年以上、働き続けています。たまたま息子は就職する道を選びましたが、もちろん大企業に就職することが大切なわけではありません。それぞれのお子さんが将来にわたって生きる力を身につけることがもっとも重要です。そのためのサポートを つばさクラブで行っていきます。
 さまざまな悩みや困難さを抱えたお子さんや保護者の方が、つばさクラブに通うことで生きる力を培い、将来にわたって幸せになっていくことを心から願うとともに、皆さんとお会いできることを楽しみにしています!
児童発達支援管理責任者
芦澤和美 プロフィール
埼玉県立大学大学院(精神看護学専攻)
資格・社会活動等
養護教諭
保健師
看護師
第一種衛生管理者
葛飾区大学・地域連携検討会委員
葛飾区地域療育システム検討会委員
児童発達支援管理責任者
▲ページの先頭へ